長友佑都が所属するインテルの新ユニフォーム発表!

インテル 15-16 サッカーユニフォーム ホーム 半袖 #55 長友佑都

thumb_1914_260x260_0_0_auto

長友佑都は日本を代表するSBです。170cmロ小柄ながら圧倒的な走力、無尽蔵のスタミナ、高い守備能力を持ち合わせ、左右ともに高いレベルでこなすことが出来ます。また、明るいキャラクターを持ち合わせており、ムードメーカー的な存在です。

2010年W杯では左SBで全4試合に出場しました。日本の決勝T進出に大きく貢献し、高い評価を得ました。キャリアをスタートさせたF東京から10年夏にチェゼーナ移籍しましたが、11年1月、インテルへ期限付き移籍すると、同年夏に完全移籍を果たしました。

今回は長友インテルの新ユニフォームを発表しました!伝統の“ネッラズーロ”にイエローがアクセントします。ブランドは“ナイキ”。

news_193496_1

それに、特別に紹介することは中国の蘇寧グループがインテルを買収しました。今年の夏の補強が注目されますが、2016-17シーズンのホームユニフォームは、伝統の“ネッラズーロ”(青と黒)のストライプに加えて、スポンサーロゴにイエローを使用し、ベースのカラーと同カラーのラインのグラフィックがあしらわれています。

袖と肩はブラックで、モダンなクルーネックの内側には“Inter”の文字が編みこまれています。パンツはブラックを採用し、ソックスはスポンサーロゴと同じイエローでアクセントをつけました。

また、アウェーユニフォームはホワイトを基調に、袖に配されたブルーとブラックのバンドが特徴的なデザインとなっています。

関連サイト:

日本人サッカー選手

サッカースパイク

サッカー 日本代表 ユニフォーム

保存