本田圭佑の持つ強さがどれだけ重要なものか。日本代表の試合運びを例に考えたい。

本田圭佑の持つ強さがどれだけ重要なものか。日本代表の試合運びを例に考えたい。日本サッカー界はいままで、日本人の強みである俊敏さとテクニック、さらには運動量 を押し出した試合運びを標榜してきた。方向性として間違つていない。ただ、これに捉われすぎると厄介なことになる。

日本代表が勝てなかつたのは、ひと言でいえば動きすぎていたからだ。フィールドプレイヤーが激しく動き回リながら、シヨ—卜バスをつないで敵を崩してい く。こう書くと、理想のサッカーを繰リ広げているように思えるが、このスタイルには問題がある。

ここで質問がある。次の4つのパス交換で、もつとも難易度が高いのはどれだろうか。

1、止まつた選手から止まつた選手へのバス。
2、勧く選手から止まつた選手へのパス。
3、止まつた選手から動く選手へのパス。
4、動く選手から動く選手へのパス。

どこかでずれる、バタ—ン4のバスサッ力—。この確度を上げるには、止まったプレーを織リ交ぜる必要が出てくる。止まるというのはボールを収めるということであり、ボス卜プレーと言い換えてもいい。日本サッカー選手が苦手なプレーのひとつである。

本田圭佑ポストプレーの長所は、確実にボールを収められるところ。だが動きを止めて行うプレーだけに、敵に狙われるという弊害がある。日本代表は筋骨隆々の敵に背後から当たられるのを嫌がり、俊敏にかわすことで密集をすリ抜けようとするが、これでは前述したように、ずれが生じやすい。

ここで本田圭佑の出番となる。彼の強みは、敵に当たられることを苦にしないところだ。強 初て神経も図太い彼は、敵のゴールに背を向けて、ヨーロッパの大男たちと根競べすることを厭わない。密集の中で確実にボールを収め、—秒、2秒と味方に攻め上がりの時間を稼ぐことができる。

南アフリカ大会の岡田監督は土埴場で本田圭佑のワントツプを選択し、彼は十分に期待に応えた。守備に人数を割き、逆襲からのワンチヤンスを狙ぅ戦いを選んだ日本代表にとって、得点感覚と強靭さを兼ね備えた本田はワントツプとに適任だった。本田がいなかったら、この戦術は成立したかどぅか。南アフリカ大会のぺス卜16は、本田圭佑の存在価値を雄弁に物語るものだった。